© 2017-2019 有限会社美鈴商会

東京都新宿区市谷加賀町2-5-26

Tel 03-6280-7010/ Fax 03-6265-3110

コンサート「 Four Hands One Piano TAMAMA-DUO」

July 7, 2019

2019年7月7日(日)、当ホールにおいて平石安通記、大圖裕子両氏(=TAMAMA-DUO) による連弾コンサート「 Four Hands One Piano TAMAMA-DUO」が開催されました(ゲストチェリスト永野泰子、平石桜子両氏)。

ブラームス「ハンガリー舞曲1番」「同2番」で幕を開けたコンサート。ジャジーなカプースチン「シンフォニエッタ」より「ロンド」、流行りのピアソラ「ブエノスアイレスの四季」より「夏」と快調に進行。第一部はサン=サーンス「動物の謝肉祭」で締めくくられました。

第二部の始まりはシャブリエ「エスパーニャ」です。ピアノが管弦楽のように聞こえる連弾の不思議。

 ここでチェロの平石、永野両氏が加わり、ステージは連弾+チェロ二本という異色の構成に。ヴィヴァルディ「2台のチェロのための協奏曲(RV.531)」から第一楽章、そしてヘンデル「2台のチェロのためのソナタ(Op.2-8)」から第一および第四楽章が披露されました。

会場を巻き込んでの合唱や、ビッグバンドの名曲「シング・シング・シング」なども披露され・・・。

コンサートはスメタナ「わが祖国」より「モルダウ」の凄絶な演奏で鮮やかに締めくくられました。

アンコールは「ルパン三世」。さらにはなんとチェロの2氏も加わる一台ハ手連弾も・・・。 

楽しくも素晴らしいこのコンサートの模様は一部動画でご紹介させていただく予定です。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「西口彰子 津島圭祐 デュオリサイタル」のお知らせ

November 29, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ