© 2017-2019 有限会社美鈴商会

東京都新宿区市谷加賀町2-5-26

Tel 03-6280-7010/ Fax 03-6265-3110

Last Celebration 音大生によるピアノ・アンサンブルVol.2

February 10, 2018

2018年2月10日、当ホールにおいて、今春東京音楽大学をご卒業される中村愛伽、林美土里、加藤千暁、新島綾、以上4氏によるピアノリサイタル、題して"Last Celebration"が開催されました。

このリサイタルでは、ホールの2台のピアノを最大に生かながら、2台8手、1台6手、さらには1台8手など、複数人演奏のバリエーションが最大限に展開されました。

 

 

幕開けの一曲はモーツァルト「フィガロの結婚」序曲。2台8手の演奏です。

 次いでブラームス「ハンガリー序曲」より第2番と第6番を1台4手で(林、加藤両氏)。 

続くはチャイコフスキー「くるみ割り人形」。1台4手が2セットでスライド&語り付きのゴージャスな趣向です。

ポピュラーなドビュッシー「月の光」もなかなか聴く機会のない1台6手(アンダーソン編)で演奏。

 2台4手(新島、中村氏)でボロディン「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」。

第一部の締めくくりは1台8手のラヴィニャック「ギャロップマーチ」でした。

  

第二部の始まりは2台8手によるスメタナ「我が祖国」より「モルダウ」。

 1台6手シュトラウス2世「トリッチ・トラッチ・ポルカ」。一人残った加藤さんはトライアングルで参加。

 2台4手サン=サーンス「ウェディング・ケーキ」、1台4手ラフマニノフ「ヴォカリーズ」(アンダーソン編)、1台4手モーツァルト「トルコ行進曲」のサンバ編「サンバ・トルコ!」と続いたリサイタルは、2台8手によるローゼンブラット「日本の歌によるファンタジー」で締めくくられました。

この素敵なリサイタルの模様は一部動画でご紹介する予定です。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「西口彰子 津島圭祐 デュオリサイタル」のお知らせ

November 29, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ