• Jasper

Concierto Trio 2018 Latin & Nostalgia (ラテンそして郷愁)


2018年4月8日、当ホールにおいてギター鈴木大介、ソプラノ嶋崎裕美、ピアノ河野紘子、以上3氏によるトリオコンサート、題して"Concierto Trio 2018 Latin & Nostalgia(ラテンそして郷愁)"が開催されました。

滅多に聴くことができないラテンの名曲が目白押しのコンサート。その幕開けの一曲はG.タラゴ「プライジェイラ」。ソプラノ、ピアノ、ギターそろい踏みの演奏です。

2曲目はギター伴奏によるロドリーゴ「4つの愛のマドリガル」。

続いてモンサルバーチェ「3つの幻影のファド」より二曲が鈴木氏の素晴らしいギターソロで披露されます。

そこにピアノが加わってポンセ「プレリュード」。

第一部の最後は三氏によるサンチェス「暴君のような男が」で締めくくられました。

休憩に続く第二部はギター伴奏による明るく楽しいスペインの民謡「18世紀のセビジャーナス」。

次に河野氏がモンポウ「歌と踊り第六番」をソロで披露。

そしてピアノ伴奏によるモンボウ「あなたの上には花ばかり」。

カステルヌオーヴォ=テデスコによるギターとピアノのための一曲が披露された後、ピアノ伴奏でグラナドス「愛の歌曲集」より三曲。

コンサートの最後はカスタネットが躍動するララ「グラナダ」で締めくくられました。

アンコールの拍手が鳴り止まなかったこの素晴らしいコンサートの演奏は、一部動画でお届けする予定です。

お楽しみに。


© 2017-2019 有限会社美鈴商会

東京都新宿区市谷加賀町2-5-26

Tel 03-6280-7010/ Fax 03-6265-3110