守重結加ソロアルバム「シューベルト 即興曲集 D 889&ピアノ・ソナタ第21番 D 960」発売のお知らせ

現在日本を拠点として活動され、国内外のアーティストから厚い信頼を得ている注目の若手ピアニスト守重結加さんが、このほど初のソロアルバム「シューベルト 即興曲集 D 889&ピアノ・ソナタ第21番 D 960」を発売されることになりましたので、お知らせいたします。

守重さんは昨年9月、北端祥人さんとのピアノデュオユニット「Ypsilon」として加賀町ホールでリサイタルを開催され、本CD収録のためのリハーサルにも当ホールを利用されています。


「加賀町ホールは、ヨーロッパの雰囲気と響きを併せ持つ、特別なコンサート会場です」と守重さんはおっしゃいます。「奏者として舞台に上がると、お客様だけでなく、建物全体もそっと息を潜めて、音楽に耳を澄ませているような感覚を覚えます。音楽のために造られ、音楽と人々に愛されてきたホールであることが伝わってきます」


このアルバムでは、「心の支えであり、困難を共に乗り越えてきた大切な存在」と守重さんが語るシューベルトの音楽を心赴くままに紡ぎ、名曲として知られる即興曲集D899に加え、彼の創作の頂点を示す傑作ピアノ・ソナタ第21番D 960が収録されました。


どこまでもあたたかく、優しく、そっと寄り添い奏でたシューベルト。守重結加さんの音楽を心ゆくまでお楽しみください。


<CDご購入方法>

次のWebショップよりご購入ください。今なら特典として守重さんサイン入りメッセージカードが進呈されます。

Yuka Morishige Web Shop



加賀町ホールは、優れた音楽家の皆さまを全力でサポートして参ります。今後とも当ホールをよろしくご愛顧くださいますようお願い申し上げます。