バッハ「2台のピアノのための協奏曲」 (弦フェスVol.1より)

2019年3月23日(土)、当ホールにおいて開催された日本弦楽協会主催「弦フェスvol.1」から、素晴らしい演奏をお届けします。 最終回の今回はバッハ「2台のピアノのための協奏曲」より第1,第3楽章をお届けします。 この日の演奏者総出演の豪華な演奏です。ご堪能ください。 #動画

ミヨー「スカラムーシュ」(弦フェスVol.1より)

2019年3月23日(土)、当ホールにおいて開催された日本弦楽協会主催「弦フェスvol.1」から、素晴らしい演奏をお届けします。 今回は2台ピアノによるミヨー「スカラムーシュ」です。浮津祥子、吉村和弥両氏によるパワフルで躍動感溢れる演奏をご堪能ください。 #動画

「JPCO CLASSIC & TANGO NIGHT vol.3」

2019年3月27日(水)19:30、当ホールにおいて、ヴァイオリン堀内優里、チェロ石崎美雨、ピアノ加藤礼菜、以上三氏による「JPCO CLASSIC & TANGO NIGHT vol.3」が開催されました。 今回で3回目となる「JCPO Classic&Tango Night」 はクラシック色を強めたプログラムとなりました。幕開けの一曲はハイドン「ピアノ三重奏曲第25番」全楽章。 続いてはコダーイ「無伴奏チェロソナタ」から第一楽章。超絶技巧が要求される難曲を石崎氏が素晴らしい演奏で披露すると、客席からはブラボーの声。 次は堀内氏のヴァイオリンでイザイ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第4番」。これまた素晴らしい演奏でまたもブラボーの声がかかりました。 休憩後もクラシック曲が続きます。ヘンデル/ハリヴォルセン「ヴァイオリンとチェロのためのパッサカリア」。二人の熱演にまたもブラボー。 そして加藤氏のピアノソロ。なんとメシアン「鳥のカタログ第7巻」から「13番ダイシャクシギ」です。曲と演奏に圧倒される会場。 そして最後の一曲がタンゴです。ピアソラ「タンゴ組曲」全楽章がピアノトリオで披露されました。 アンコールにはタンゴの有名曲「ポル・ウナ・カベサ」」も披露された若さ溢れるコンサートの模様は、例によりまして一部動画で紹介させていただく予定です。 お楽しみに。

ピアソラ「ヴァイオリンとコントラバスのための5つのタンゴ」 (弦フェスVol.1より)

2019年3月23日(土)、当ホールにおいて開催された日本弦楽協会主催「弦フェスvol.1」から、素晴らしい演奏をお届けします。 今回はピアソラ「ヴァイオリンとコントラバスのための5つのタンゴ」から3曲お届けします。最近ピアソラをよく耳にしますが、このたびの一曲はなかなか聴けない編成であるうえに、ピチカート奏法が駆使されるコントラバスなど聴きどころの多い演奏です。是非最後までお楽しみください。 #動画

Haydn's South American Lapses (弦フェスVol.1より)

2019年3月23日(土)、当ホールにおいて開催された日本弦楽協会主催「弦フェスvol.1」から、素晴らしい演奏をお届けします。 初回の今回はアンコールで披露されたヴェルナー・トーマス=ミフネ作曲"Haydn's South American Lapses"をお届けします。 知る人少ない謎めいた作品ですが、是非最後までお楽しみください。 #動画

日本弦楽協会主催「弦フェス Vol.1」

2019年3月23日(土)、当ホールにおいて日本弦楽協会主催「弦フェスvol.1」が開催されました。 今回の出演者は次の7氏です(50音順・敬称略)。 石井沙和子:チェロ 浮津祥代:ピアノ 小堀まやか:ヴィオラ 野々口泰子:コントラバス 松浦瑠奈:ヴァイオリン 横田知子:ヴァイオリン 吉村和弥:ピアノ ハの字に2台のピアノが設置されたステージで、コンサートはブラームス「弦楽四重奏曲第2番」第1楽章で幕を開けます。 そして吉村、浮津両氏による2台ピアノでミヨー「スカラムーシュ」。 続いてシューベルト「ピアノ五重奏曲 鱒」(第4楽章)披露されて第一部は幕を閉じました。 第二部の第一曲はピアソラ「ヴァイオリンとコントラバスのための5つのタンゴ」。最近ピアソラをよく耳にしますが、このたびの一曲はなかなか聴けない編成です。 そして2台ピアノでラフマニノフ「組曲第2番(Op.17)」より第4曲「タランテラ」。 続いては室内楽の真髄、ベートーヴェン「弦楽四重奏曲第15番」より第2楽章。 コンサートの最後は7人総出演によるバッハ「2台のピアノのための協奏曲」(第1、第3楽章)で締めくくられました。 例によりまして、この素敵なコンサートの模様は、一部動画でご紹介させていただく予定です。 どうぞお楽しみに。

リサイタル「象のババール&動物小話集」のお知らせ

来る2019年9月8日(日)18:30(開場18:00)、当ホールにおいて増田紋子(ソプラノ&朗読)、山形リサ(ピアノ) 、以上両氏によるリサイタル「象のババール&動物小話集」が開催されますのでお知らせいたします。 皆さまお誘い合わせの上、是非ご来場ください。 <お申し込み・お問い合わせ> Tel:080-3266-9531(山形) risayamagata@gmail.com

ピアソラ「リベルタンゴ」(Duo Recital#1より)

2019年3月16日(土)、当ホールにおいてピアノ大瀧俊介、山崎佑麻両氏両氏により開催された2台ピアノリサイタルから、エネルギッシュな演奏をお届けします(音楽監督尾崎裕子氏)。 今回は、アンコールで披露されたピアソラ「リベルタンゴ」です。リサイタルの重圧から解放された若き二人のくつろいだ演奏をお楽しみください。 #動画

ラフマニノフ「組曲第2番(Op.17)」(Duo Recital#1より)

2019年3月16日(土)、当ホールにおいてピアノ大瀧俊介、山崎佑麻両氏両氏により開催された2台ピアノリサイタルから、エネルギッシュな演奏をお届けします(音楽監督尾崎裕子氏)。 今回は、リサイタルの最後を飾ったラフマニノフ「組曲第2番(Op.17)」より第4楽章「タランテラ」です。二十代後半だったラフマニノフの激情を若きピアニスト二人が精魂を込めて表現します。どうぞお楽しみください。

「Duo Recital #1.Piano Ensemble」

2019年3月16日(土)、当ホールにおいてピアノ大瀧俊介、山崎佑麻両氏両氏による2台ピアノリサイタルが開催されました(音楽監督尾崎裕子氏)。 幕開けの一曲は尾崎氏と大瀧氏の連弾でストヤノフ「組曲 太陽の光」。現存する6曲すべてが披露されます。 続いては大瀧、山崎両氏による2台ピアノ。まずはモーツァルト「2台ピアノのためのソナタK.448(375a)」より一楽章。 続いてホルスト「組曲 惑星」より「火星」「木星」。 最後を飾ったのはラフマニノフ「組曲第2番(Op.17)」より第4楽章「タランテラ」で締めくくられました。 アンコールにはピアソラ「リベルタンゴ」も披露された若さとパワー溢れるこのリサイタルの模様は一部動画で紹介させていただく予定です。お楽しみに。

ピアソラ「ブエノスアイレスの四季」(JPCO Classic & Tango Night vol.2より )

2019年2月27日(水)、当ホールにおいてヴァイオリン廬佳那、チェロ飯尾久香、ピアノ久保田千陽、以上三氏による開催された「JPCO CLASSIC & TANGO NIGHT vol.2」から、素晴らしい演奏をお届けします。 今回は「タンゴ」。ピアソラ「ブエノスアイレスの四季」から屈指の名曲「春」をお届けします。公開を許可して頂いた三氏に心よりをお礼申し上げます。どうぞお楽しみください。 #動画

マスネ「タイスの瞑想曲」(JPCO Classic & Tango Night vol.2より)

2019年2月27日(水)、当ホールにおいてヴァイオリン廬佳那、チェロ飯尾久香、ピアノ久保田千陽、以上三氏による開催された「JPCO CLASSIC & TANGO NIGHT vol.2」から、素晴らしい演奏をお届けします。 今回は廬、久保田両氏によるマスネ「タイスの瞑想曲」をお届けします。お楽しみください。 #動画

© 2017-2019 有限会社美鈴商会

東京都新宿区市谷加賀町2-5-26

Tel 03-6280-7010/ Fax 03-6265-3110